耶馬溪さんぽ

2008年4月27日(晴)



今日は25日にタイヤを換えたのでタイヤを慣らしに行きます。
hoshizouさんの忠告に従って、注意して出発です。(笑)

夏吉(田川)に来ると、川渡り神幸祭の山笠ですね。
5月の第3日曜日に開催されるお祭で、山笠が英彦山川を渡る勇壮なものです。
福岡5大祭の一つですね。

いつものリンガーに到着!

今日の生贄は村晴アッチャンです。
久しぶり!
挨拶もそこそこに耶馬渓方面に向かって出発です。


アッチャン随分余裕が出来たようでカメラを向けると
ピースをすることが出来るようになりました。



最初のスポット 本庄の大樟です。
(幹周り 21m 樹高23m 樹齢300以上)
これは、日本第4位に大きな木です。


アッチャンは初めて来たそうです。
写真には写っていませんが、今日は自治会の掃除の日みたいです。
いつもはひっそりとして人も少ないのですが
今日はたくさんの人がいました。

注意しながら響ファームロード走ります。
慣らしが終わるまで片手運転は厳禁です。(ね、hoshizouさん!!)

青の洞門にやってきました。


この方が禅海和尚です。
そう青の洞門を掘った人です。


この景色綺麗ですが、右手の険しい岩山ですね。
この険しい岩山を鎖渡りで越えていたそうです。


これが手彫りですよ
礫岩の所もありますが


巨大な岩もあります。
これは最初に開けた明り取りの穴ですね。


こんな穴を約30年を掛け約342mを堀ったのです。
今では手彫りの穴しか残っていませんが、偉大な人ですね。


この覆い被さるよな絶壁ですね。


途中に花が咲いてました。


独特の風景です。
しかし、この青の洞門は有料だったのです。
禅海和尚は晩年は裕福だったそうですよ。(笑)

ここまで来たらすぐ近くの石橋に!
先週の繋がりではなく、あくまでもついでにです。

耶馬渓橋です。入らないのでパノラマに初挑戦しました。
8連アーチ美しい石橋です。橋長116mあります。
8連アーチの石橋はここだけで見ることが出来ます。


美しい橋ですね。


カメラを斜めにすると全景が入りました。
下にはパンフレットの様に、女性が2人いました。


橋の上はアスファルトを敷いてあります。


もう一つ、国道500号線の隣にある石橋

羅漢橋です。これもパノラマです。(上手く出来たので嬉しいだけ)


アッチャンも見とれています。


大正時代の橋で石切も綺麗に切ってあり
隙間の無いように組んでありますね。


縦横の継ぎ目がレンガのように直線ですね。
羅漢橋は総工費2万円です。
大正時代の2万円、現代の換算で何億でしょう?

ちなみに耶馬渓橋も大正時代に掛けられたもので総工費4万円です。!


耶馬渓らしい風景ですね。

耶馬渓を後にし国道500号線を南下します。

アッチャンここでも絶好調ですね。
途中の険しいクネクネでは煽られました。(^^;)
昔のアッチャンが懐かしいです。

道の駅 院内で休憩します。
院内は日本一の石橋の町で74基の石橋があるのです。


道の駅のすぐ近くには荒瀬橋があります。
高く美しい姿です。
この橋は橋高が18.4mあり町内最高です。
大正時代に掛けられたものです。
軍事目的に掛けられた橋で、施工者 松田新之助は赤字だったので
建設当時は有料だったそうです。
わずか47.4mですが、県内最初の有料道路です。


川の向かいには穴が開いています。
防空壕でしょうか?



道の駅では石橋の作り方の紹介や


当時の道具などが展示してあります。

しかし、なんと言ってもここの名物は
特別天然記念物のオオサンショウオです。

夜行性のため、暗い穴にいますがこれが顔です。?


これが足?
肉眼で見ると見えます。(^^;)
体調が75cmぐらいかな?
両生類としては現世界最大の生き物なんですよ!!

お腹も減ってきたので、豊後高田ツーの時に寄った ぽからに向かいます。
安心院ICから10分ぐらいで行けます。




今日はチキンカレーのセットにしました。

まず、サラダ・ナン・ルーがやってきました。
相変わらず美味しいルーです。


サフランライスも後からきます。


仕上げはラッシーここのラッシーは最高に美味しいです。


山間はまだ寒いようで八重桜が満開でした。

時間があれば、直入に来ているBraoさんと御会いする予定でしたが
夕方用事があるので今回はタイミングが合いませんでした。

Braoさん、また御会いしましょう。

帰りも響ファームロードを快走します。
この頃になるとタイヤもひと皮剥けたようです。
安心、気持ちよく走ることが出来ました。


メタセの杜で、コーヒータイムを取り
朝待ち合わせた香春でアッチャンとお別れしました。
アッチャン付き合ってくれてありがとう。
また、走りましょう。

走行距離 234km


Impression
今回履き換えたタイヤは
MichelinのPilot Road2です。
前のタイヤから比べるとよく寝ます。
ビビリました。(^^;)
直立付近では最初重さも感じましたが
ツーリングには適度なダルさがいいようです。
グリップ感もあり(これが私には重要!)
安心して走ることが出来そうです。




端っこは残っています。(^^;)
私の腕ではこんなものです。<m(__)m>

inserted by FC2 system